Hint | 光と過ごすヒント

光との過ごし方には特別な決まりはありません。
そして、“光と共にいる”実感は、
日々をおどろくほど豊かにします

自分にあった過ごし方へのヒントをご紹介します!

窓辺に。
光を楽しむ
ヒカリビョウブは暗がりの照明としてだけではなく、 自然光と調和して発光するところに特徴があります。
窓辺に置くと空の光と重なり移ろう情景をよりお楽しみいただけます。 毎日違う空色や、夕焼け空と光を奏で表情を変える様は、心に響きますよ。
見過ごしがちだった日々に溢れる光に気付くはずです。

窓辺に

ただ共に過ごす
ただ共に過ごす。
自分の光を感じる
いつもの日常シーンの中にヒカリビョウブをそっと添えてみてください。
仕事をしている時、家事をしている時、 遊んでいる時、休んでいる時…。 常に意識している必要はありません。 けれど、ホッとしたりハッとしたりする瞬間が必ずあります。 そして、いつも何かに守られているような安心感が身についていきます。 自分を全力で守る自分の中の光を感じられるようになるからです。

見えない世界を楽しむ。
本当の声を聞く
ヒカリビョウブは、音や香り、味わいなど、形の無いものとも穏やかに調和します。
音楽やアロマ、ひと息時のドリンクなど好きなものと合わせると、ここちよさがより深く染み渡ります。
五感の向こうに広がる世界に心はばたくと、理屈にしばられない、シンプルで明快な自分の本当の声も聞こえてきますよ。
見えない世界を楽しむ

集いの場に
集いの場に。
和み、分かち合う
お部屋のムードをグッと高める光は、 人の集まる場所でも活躍します。
家族同士のコミュニケーション、 仲間とのホームパーティー、 パートナーと過ごすひとときなどにも。 ゆったりと会話を楽しめたり、心から和み分かち合い、場を盛り上げる助けとなります。
大切な方々とのひとときに。

1日の終わりに。
深く安らぐ
日暮れが近付くと、ヒカリビョウブは地球の回転と同じスピードでだんだんと色付いていきます。いつのまにか辺りをやわらかな光で包み込み、穏やかに夜へと運んでくれます

遅くなって帰宅した日は、「おかえり」とあたたかな光で迎えてくれます。 今日1日あちこちに揺れていた心まで自分の中心にフッと帰れる瞬間です。

1日の終わりに、眠りに着くまでのヒカリビョウブとのひとときは、 心がほどけ、今日のリセットと明日への活力の源となるかけがえのない時間です。
1日の終わりに


エネルギーチャージ
エネルギーチャージに。
すきま時間のリフレッシュ
楽な姿勢で光の心地よさを感じながら頭を空っぽにしてください。
空っぽにできなければ、湧き上がってくる考えをあるがまま、ただ眺めてください。
そのままぼーっとしてください
気の済むまでぼーっとしてください。



copyright